口臭の有無で健康具合がわかる

口臭の有無で健康具合がわかる

ライフスタイルの変容で、日本人のニオイに対する感覚と意識が変わってきました。

 

普通に生活していると意識する事もなかったニオイが、人に不快感を与えてしまう悪臭として、避けられてしまうのが現代社会です。

 

特に口のニオイは、多くの人が悩んでいるニオイです。

 

これらの背景には食生活が欧米型に移行したことも大きな原因としてありますが、

 

「口臭=不快なもの」という図式が定着し
「口臭の予防はビジネスマナーの一環」という認識が広く浸透しています。

 

職場の仲間や取引先の人にマイナスイメージを与えたくないという心理が強く働いているのでしょう。

 

毎日の歯磨きはもちろん、外出時には常にガムやタブレットを携行し、頻繁に先行剤でうがいをするなど、徹底して口臭予防に努める人も少なくないようです。

 

しかし、口臭をむやみに抑えることがリスクを発生させる場合もあります。

 

時には口臭は体調の変化を伝えてくれて、体の中ですすんでいる病気を知らせてくれる役割りもあります。

 

逆に言うと、いつもの「自分の臭い」を知っていればこそ、体の変調にも気づくことができるのです。

 

例えば腐った卵のような口臭がする場合、胃腸の具合が悪いということが考えられます。

 

あらゆる体臭がそうであるように、不快な口臭は生活習慣によってもたらされるもの。

 

不規則な生活やストレスによる身体の変調を示す現象なのです。

 

口臭があるか、または強いか弱いか健康のバロメーターであることは間違いありません。

 

こんな人は要注意です。チェックしてみてください。

 

朝食を抜くことが多い

食事による唾液の分泌がないため、口臭が発生しやすくなります。

 

よく噛まないで食べる

消化が悪く、食べかすが歯に残りやすい。唾液の分泌も少ない。

 

硬い食べ物が苦手

奥歯には唾液を分泌するスイッチの役目があり、硬いものを食べればそれだけ唾液も分泌されます。

 

緑茶や紅茶よりコーヒーを好む

口の中の pH値が酸性になり、細菌が繁殖しやすい環境に。空腹時にコーヒーを飲むと特に口臭が強くなるので注意しましょう。

 

水分はあまり取らない

口の中が乾いた状態になり、雑菌が増えやすくなります。

 

いつも口が開いている

口呼吸になりやすく、口の中が乾きやすくなります。

 

あまりおしゃべりをしない

口を動かすことで唾液の分泌が促進されます

 

一日中エアコンを使用している

自律神経の機能が低下し、唾液の分泌が悪くなります

 

夜更かしすることが多い

生活リズムの乱れは、自律神経の乱れに直結します。唾液の分泌が抑えられるため、こまめな水分補給が必要です。

 

ストレスをためやすい

自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌用が減ります。

 

このほかに夏バテしやすい人は、胃の働きとともに口内の自浄作用が低下し、舌苔が増えて口臭に繋がります。

 

参考にしてください。

 

 

またお暇なとき来て頂けると嬉しいです☆

 

 


口臭の有無で健康具合がわかる関連ページ

まず自分の口臭をセルフチェックしてみましょう
まず自分の口臭をセルフチェックしてみましょう
腐った卵のような口臭の発生源を絶つ方法
腐った卵のような口臭の発生源を絶つ方法
唾液には口臭を自然に予防する作用があります。
唾液には口臭を自然に予防する作用があります。
口臭の2大発生源は内臓と口の中にあります
口臭の2大発生源は内臓と口の中にあります
口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!
口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!
口臭でわかる!内蔵の健康状態
口臭で内臓の健康状態がわかります
毎日の口臭対策!とりあえずこれだけはやっておこう。
毎日の口臭対策!とりあえずこれだけはやっておこう。
ニオイに敏感な現代人
ニオイに敏感な現代人
口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは最近になってから
口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは最近になってから