唾液 口臭

唾液には口臭を自然に予防する作用があります。

誰しも起床時は口の中が臭うのが当たり前
唾液の殺菌力が口内の雑記の繁殖を抑える
バランスの悪い食生活が口臭の悪化を招く

 

 

口のニオイの正体

朝起きたときに「口が臭い!」と自分で感じた事のある人が多いでしょう。

 

寝起きの口臭は、寝ている間に口内の殺菌力が低下し、雑菌が増えることが原因です。

 

なので起床時の口臭発生はいわば必然なのです。

 

ではなぜ、寝ている間に口の中に雑菌が繁殖してしまうのでしょうか。

 

それは唾液の分泌に深い関係があります。

 

わたしたちの口の中は、実は唾液によってこそ雑菌から守られています。

 

唾液には殺菌作用があり、人間の口はそもそも唾液によってにおいが起こらない仕組みになっているともいえるでしょう。

 

睡眠中は唾液の分泌が抑制されます。

 

唾液の分泌がスムーズでない場合、口内の自浄作用が弱まり、口臭が発生しやすくなります。

 

起床時に口がにおうのは唾液の分泌が低下していることが原因です。

 

空腹時やストレスを受けやすい環境におかれたときなども、唾液の分泌量が減るために口臭が発生しやすくなります。

 

不規則な食生活を送っている人や偏食気味の人には、口臭に悩まされるケースが目立ちます。

 

食事回数が減れば唾液の分泌量も減り、またバランスの悪い食生活によって体内環境が

 

弱アルカリ性に保たれず、さまざまな悪影響を与えるのです。

 

口の中や体内が酸性に傾けば、においの原因はおろか内臓疾患の原因となります。

 

コーヒーやアルコール、たばこなどの嗜好品は口の中の環境を酸性化させます。

 

お酒やたばこの好きな人が口臭に悩まされがちなのはそのためです。

 

いずれにせよ、規則正しい食生活を送ることが、そのまま口臭の発生を予防するのです。

 

 

 

アルカリ性食品で口臭予防をしよう

 

緑黄色野菜や海藻類に代表されるアルカリ性食品は、カルシウムやナトリウム、カリウムを多く含んでいます。

 

これらをよく摂り、体内の酸性化を防ぐことも体臭や口臭の予防となります。

 

また歯ごたえのある硬い食品や、繊維質を摂取することも重要。

 

しっかり咀嚼することで唾液の分泌も促進されます。

 

一方で塩分や糖分、植物性の油の摂取は控え目にしましょう。

 

香辛料などの刺激物やニオイの強い食品を避けるのも口臭予防の観点からは有効です。

 

唾液力UPがカギ

喉が渇きやすい、口の中がカラカラでうまくしゃべれないといった現象が続く場合、ドライマウスと呼ばれる症状が予想されます。

 

年齢を重ねることで唾液量は減っていくものですが、ストレスも唾液の分泌の妨げとなります。

 

ビタミン剤の取り過ぎも唾液を減少させる一因です。

 

唾液は食事や発声を補助するほか、洗浄・殺菌作用で虫歯や歯周病を予防します。

 

また、免疫力をアップさせ、消化を助けて胃を保護するという機能も持ちます。

 

健全な唾液の分泌は健康に欠かせない重要な要素です。

 

口の渇きが気になる人は、耳下腺やあごの下、舌の付け根の真下にある舌下線をマッサージして唾液分泌を促進させる習慣を身につけましょう。

 

 

 

 

 

またお暇なとき来て頂けると嬉しいです☆

 

 


唾液には口臭を自然に予防する作用があります。関連ページ

口臭の有無で健康具合がわかる
口臭の有無は健康のバロメーター
まず自分の口臭をセルフチェックしてみましょう
まず自分の口臭をセルフチェックしてみましょう
腐った卵のような口臭の発生源を絶つ方法
腐った卵のような口臭の発生源を絶つ方法
口臭の2大発生源は内臓と口の中にあります
口臭の2大発生源は内臓と口の中にあります
口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!
口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!
口臭でわかる!内蔵の健康状態
口臭で内臓の健康状態がわかります
毎日の口臭対策!とりあえずこれだけはやっておこう。
毎日の口臭対策!とりあえずこれだけはやっておこう。
ニオイに敏感な現代人
ニオイに敏感な現代人
口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは最近になってから
口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは最近になってから