口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!

口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!

舌は面積が広い分、食べかすや細菌が付着しやすい

 

舌苔は口内の雑菌が増殖する温床である

 

習慣的な舌苔のクリーニングで口臭の発生原因を絶つ

 

舌の上で雑菌が繁殖する

舌についた白い苔上のものを舌苔(ぜったい)といいますが、これも歯垢や歯石と並んで口臭を引き起こす大きな温床となります。

 

腐敗臭に似た独特のにおいは強烈です。

 

実際には多くのケースでこの舌苔こそが口臭を引き起こしているのです。

 

舌苔は口の中の細菌や、新陳代謝によってはがれ落ちた上皮細胞などが舌の表面に付着したものです。

 

口腔内のケアを怠ったり、胃腸の調子が悪くなったりすると、できやすくなります。

 

ドライマウスや口呼吸より口の中が乾燥しやすい状況が続けば、舌苔の量も増えてきます。

 

量や面積に差はありますが、この舌苔は誰にでもあるので、すべてを取り除くのは不可能です。

 

舌苔には口内の細菌バランスの調整機能があるとも言われ、むやみやたらに取り除くのは良くないという見方もあります。

 

口臭予防の観点からすればやはり舌苔は大きな障害です。

 

多くなればなるほど口臭は発生しやすくなり、においもきつくなることは避けられません。

 

舌苔の増加を防ぐには、胃腸の働きが正常であること、そして定期的なお手入れによってキレイな状態を保つことが重要になります。

 

舌苔を除く専用のクリーナーも販売されていますが、

 

食べ物や呼吸法を改善することによっても増加を防ぐことができます。

 

口臭に悩む人の多くが、舌のケアの習慣づけよってにおいがしなくなったと実感しています。

 

毎日鏡の前で舌の状態をチェックして、少なくとも週に1回は舌のクリーニングを行うくせをつけましょう。

 

呼吸と唾液分泌の改善法

 

気づくと口が半開き状態になっているクセのある人は、口呼吸をしていることが多く、口の中乾燥しがちです。

 

鼻呼吸していても会話が少なく、常に口を閉じた状態にしたままでは唾液の分泌が悪くなるため、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

口が乾燥していると感じたら、積極的に口と舌をなるべく動かすようにすることが大切です。

 

舌苔除去3か条

舌の表面をやさしくこする

舌の表面を掃除する際はガーゼややわらかい生地のハンカチを使用しましょう。指に巻き付けて、丁寧に優しく舌をこすります。

 

むやみに歯ブラシでゴシゴシするのは、味覚を感じる細胞を破壊するおそれがあるため、あまりをおすすめできません。歯磨きの際に金属のスプーンを使って軽くこそげとるのも良いです。

 

キウイフルーツを舌に乗せる

キウイフルーツに含まれているアクチニジンという酵素には、舌苔を分解・除去する作用があります。

 

皮を剥いて輪切りにしたキウイフルーツを舌の上で30秒程度転がすようにして、アクチニジンを舌の隅々にまで行き渡らせてから食べるのが効果的です。冷凍させたパイナップルやパパイヤにも同じ効果があります。

 

ハチミツの効果を利用

舌苔の掃除や口腔内のケアには、はちみつレモン水を用いるのが有効です。

 

蜂蜜を加えたヨーグルトの摂取も胃腸の機能を良くするのに、効果的で舌苔の増加を防止になります。

 

簡単にできるパピプペポ体操

唾液を分泌するテクニックとして「パピプペポ」と声を出すだけでも促進されます。

 

またカチカチとか噛み合わせたり舌の中を口に中でグルグルまわしたりする運動も乾燥防止に役立ちます。

 

人前でやりすぎると変な人と思われますので注意しましょう。

 

またお暇なとき来て頂けると嬉しいです☆

 

 


口臭の大きな原因となる舌苔の状況は絶対必要!関連ページ

口臭の有無で健康具合がわかる
口臭の有無は健康のバロメーター
まず自分の口臭をセルフチェックしてみましょう
まず自分の口臭をセルフチェックしてみましょう
腐った卵のような口臭の発生源を絶つ方法
腐った卵のような口臭の発生源を絶つ方法
唾液には口臭を自然に予防する作用があります。
唾液には口臭を自然に予防する作用があります。
口臭の2大発生源は内臓と口の中にあります
口臭の2大発生源は内臓と口の中にあります
口臭でわかる!内蔵の健康状態
口臭で内臓の健康状態がわかります
毎日の口臭対策!とりあえずこれだけはやっておこう。
毎日の口臭対策!とりあえずこれだけはやっておこう。
ニオイに敏感な現代人
ニオイに敏感な現代人
口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは最近になってから
口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは最近になってから